まつ毛が抜ける原因は?マツエク、マスカラまつ毛を痛める原因をなくすコツ

まつ毛が抜ける原因は?マツエク、マスカラまつ毛を痛める原因をなくすコツ

まつ毛の毛周期は1〜3か月ほどで、

 

1日数本は自然と抜けて行きます。
まつ毛が抜ける原因は?マツエク、マスカラまつ毛を痛める原因をなくすコツ

 

それ以外にもまつ毛が抜ける原因があり、

 

マツエクやマスカラの重さの影響で引っ張られて抜けると言うものです。

 

 

マツエクをつけた場合のまぶたを持ち上げる負担を一年分で考えると61キログラム程度の物を

 

1センチ持ち上げることに相当すると言われています。

 

 

61キログラムは、

 

成人女性一人分以上の重さになります。

 

 

マスカラなどをとるためには、

 

目のあたりを丁寧に洗うことになりますが、

 

その場合にまつ毛に摩擦が加わりダメージが加わりぬけることも。

 

 

洗顔時は顔をぬるま湯なので温かくしているので、

 

少し抜けやすくなります。

 

 

マスカラを落とす際におきるまぶたをひっぱる力を1年分で考えると

 

168キロ程度のものを1センチ持ち上げることに相当すると言われています。

 

 

168キロは、力士レベルの重さになります。

 

 

マツエクによるグルーと言う接着剤などの影響やマスカラに含まれている皮膚に影響を与える成分により、

 

まぶた付近の皮膚がダメージを受けてしまい、

 

抜けてやすくなることも。

 

 

場合によっては、

 

まぶた付近に炎症などがおきてしまい痒くなり掻いてしまい、

 

その影響で抜けると言うこともあります。

 

 

炎症が起きてしまい放置してしまうと症状がさらに酷くなり、

 

痒みによって掻く頻度が多くなる場合もあり、

 

注意が必要です。

 

 

ドラッグストアなどで、

 

顔につける炎症を止める塗り薬の選択を間違えてしまい、

 

それが原因でさらに症状が酷くなり、

 

まつ毛が抜けてしまうなんてことも。

 

 

まつ毛抜けを防ぐには、

 

まずは不必要なマツエクやマスカラをしないことが効果的だと言えます。

 

 

行う場合も、

 

重さがあまりかからないもの、

 

そして肌に優しい成分が使われているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

洗顔時においては、

 

まぶた付近を洗う場合、

 

優しく洗うことをおすすめします。

 

 

桃を触る様な感じで大切な肌をいたわる様に洗うと良いかもしれません。

 

 

「今日も頑張ってくれてありがとう」なんて感謝をこめて洗うのも良いかも。

 

 

炎症が起きてしまった場合は、

 

早期に皮膚科に診察してもらい炎症を止める薬を処方して貰うことをおすすめします。

 

ステロイドの塗り薬も

 

ステロイドの塗り薬も、

 

皮膚科の指示の上短期間利用すれば特に問題ありません。

 

 

金額に関しても保険を適用すれば診察代と薬代で、

 

考えても5千円以下で済むと思います。

 

 

塗り薬を使えば炎症は改善すると思いますが、

 

医師に指示を守ることが大切です。見た目が綺麗になっても、

 

肌にダメージが残っている場合があり、

 

塗り薬の利用を止めてしまうと症状がぶり返してしまうこともあります。

 

まつ毛が抜ける原因は?マツエク、マスカラまつ毛を痛める原因をなくすコツ
他には、

 

そもそもまつ毛を丈夫にすることも大切です。

 

有効な対策としては、

 

規則正しい生活をおくる・毛に良い栄養を十分にとる・十分な睡眠をとるなどが有効だと言えます。

 

必要に応じて、

 

専用の美容液や育毛剤などを利用してみるのも良いかもしれません。

 

 

初回キャンペーン価格などで格安で利用できる商品もあるので、

 

気になる人は試してみると良いでしょう。

 

 

 

トップページに戻る

 

ケアプロスト6本のまとめ買いで1本辺り833円で買えるオランダ屋はこれ↓



>>オランダ屋はこれ<<

アプリケーターも同時に買うとお得です!
page top